ウェブサイト建設中につき動作が不安定です。

ファーストピアスに透明ピアスはなぜ危険?ピアスオタクがわかりやすく解説

ファーストピアスに透明ピアスは使うべきでない!という話はよく聞きます。

学校や職場でピアスが好まれていない場合、少しでもピアスホールが目立たないように透明ピアスは重宝しますが・・・。

どうしてファーストピアスに透明ピアスを付けるべきでないのか、その理由はご存じですか?

 

今回の記事では透明ピアスがファーストピアスに向かない理由と、どうしてもファーストピアスに透明ピアスを使いたい方におすすめの代用品をご紹介します。

 

記事のまとめ
  • ファーストピアスに透明ピアスは絶対ダメ
  • 樹脂製の透明ピアスは傷つきやすいので、傷からピアスホールに細菌が侵入して化膿する
  • ガラス製の透明ピアスならファーストピアスでも大丈夫

 

そもそも透明ピアスって?ファーストピアスに不向きな理由に迫る

ファーストピアスに透明ピアスが向かない理由を説明する前に、そもそも透明ピアスとは何なのか、前提を確認しましょう。

透明ピアスとはその名の通り、透明度の高い素材で作られたピアスのことを指します。

主な素材はアクリル・樹脂・ガラスなどから作られているため、金属アレルギーの方や肌の弱い方も安心して利用できるピアスとして人気です。ピアスが目立たないので、サブピアスとしてワンセット用意している方も多いのだとか。

ファーストピアスに透明ピアスを使っていけない理由

「ファーストピアスに透明ピアスは使うべきでない」と言われていることについては、透明ピアスの素材に原因があります。

ピアスホールが安定していない時期(=ファーストピアスの時期)に、傷つきやすい樹脂製の透明ピアスを付けていると、ピアスホールが化膿してしまうことがあるのです。

透明ピアスから細菌が入る

 

樹脂製の透明ピアスは価格も安いですし、透明ピアスとしての役割をしっかり果たしてくれます。

一方で、ささいな衝撃で目には見えない傷がついてしまうデメリットもあるのです。そうして生じた小さい傷に細菌が付着し、やがて安定していないピアスホールへ細菌が侵入してしまいます。

ピアスホールに侵入した細菌は、ピアスホールの化膿を引き起こします。

その結果、ピアス部分に痛みが生じたり、ピアスホールがいつまで経っても安定しないトラブルの原因となるのです。

 
【結論】樹脂製の透明ピアスはトラブルの元になるので、ファーストピアスに向かない

ファーストピアスとして透明ピアス使うと起こるトラブルの原因

透明ピアスをファーストピアスとして採用した場合のトラブルの原因は、透明ピアスの柔らかさにあります。

柔らかい素材の透明ピアスは、長期間着用していくうちに目に見えない細かい傷が付き始めるのです。

いくら耳を清潔に保っていても、細かい傷に付着した雑菌まで処理することができないため、まだ皮膚が出来上がっていない(ピアスホールが安定していない)状態の耳へ細菌が侵入して化膿します。

  1. 柔らかい素材のピアスを長期間着用することによって、ピアス事態に傷が入る
  2. 傷に付着した細菌は処理しにくいので、ホール内部へ細菌が侵入する
  3. 化膿したり、耳が腫れたりする
  4. ピアスホールがただれたり、透明ピアスが癒着して取れなくなる

以上の理由からもわかる通り、透明ピアスに限らず柔らかい素材で作られている安いピアスは使い捨てです。長期間付けるのはNG。

ファーストピアスの素材選びは難しい

ここまで説明したことからも明らかなように、ファーストピアスを選ぶ際は素材を厳選する必要があります。

樹脂やアクリルから出来たピアスや、バイオプラストピアス・テフロンピアスなどは基本的にダメ。素材自体が柔らかい時点でピアスホールが安定しないリスクを負う事になります。

それでもファーストピアスは透明が良い!って方は?

それでもファーストピアスがは透明ピアスが良い!という方は、樹脂製ではない、傷がつきにくい透明ピアスを購入するべきです。

ファーストピアスに透明ピアスを付けたいなら

ただし、ファーストピアスは2か月から3か月間、ピアスホールが安定するまで着用し続けるものです。

途中で1度でも外してしまうとピアスホールが安定しなかったり、塞がってしまったり、ファーストピアスを再度挿入できなかったりします。

従って基本的には病院やピアススタジオで開けてもらうか、透明ピアス付きのピアッサーを使ってピアッシングすることの2択になると言えます。

 

医療用素材の透明ピアスが付いているピアッサーは基本的に高額ですが、その中でも上の商品はかなりおすすめです。

ピアッシングに必要な道具が一通りそろっているので、こちらを買っておけば間違いないと思います。レビューも参考にしてみてください。

ガラス製のスタッドピアス

また、ガラス素材で出来たスタッドタイプのピアスもおすすめです。

ガラス製なので当然金属アレルギーは起こらないですし、樹脂ピアスよりも透明度が高いです。

強度もばっちり。 表面もツルツルで、汚れが簡単に落ちるので衛生面も安心ですね。

 

ただ、ちょっと値段が高い・・・!

透明ピアスが上手く入らない時は

透明ピアスは金属製やガラス製のピアスよりも装着時の摩擦が大きいです。

また、ファッションピアスよりも少しだけ太くなっていることが多いので(ホールを安定させるためです)入らないんだけど・・・ってことが良く起こります。

基本的にファーストピアスはホールの安定まで外すことはないですが、再度装着して『ピアスが入らない!』となった時は市販の軟膏をピアス軸に塗って滑りをよくしてから装着することをおすすめします。 絶対に軟膏にしてくださいね!

ファーストピアスに透明ピアスを使ってはいけない理由まとめ

 というわけで、ファーストピアスに透明ピアスを採用する際の注意点でした。 もう一度おさらいをすると、

  1. 透明ピアス自体がダメなわけではない
  2. 素材に問題がある。ファーストピアスに向いている素材であれば、透明ピアスもOK
  3. 透明ピアスが付いているピアッサーも売っているので、要検討
  4. 好きなデザインのピアスを付けたいならニードルでピアッシングすると〇

こんな感じです。 素材選びには絶対に気を付けてくださいね。