MENU

ファーストピアスの期間はいつまで?すぐ変えるのはNG!とる時期はどのくらいか、外すタイミングについて解説

ファーストピアスを開けても、好きなピアスに移行できるまで、ファーストピアスをいつまでつけたらいいのかわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、ファーストピアスをつける期間や外すタイミングの見極め方を紹介しています。

ファーストピアスをつける期間や外すタイミングを間違えると、せっかく育てたピアスホールが台無しになってしまう可能性もあるので、最後までしっかり確認してくださいね。

[memo title=”記事のまとめ”] [list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • ファーストピアスは、ピアスホールが完成するまでつけっぱなし
  • ピアスホールの完成までは約1ヶ月~3ヶ月
  • ピアスホールは清潔に保つ

[/list] [/memo]

目次

ファーストピアスの期間はいつまで?

ファーストピアスは、ピアスホールが完成するまでつけ続ける必要があります。

ピアスホールが完成していない状態で無理やりファーストピアスを外したり、ピアスを付け替えたりすると、せっかく育てたピアスホールが傷ついて化膿する危険があるためです。

ファーストピアスを外すタイミングは“ピアスホールが完成してから”

ファーストピアスを外せるタイミングは“ピアスホールが完成してから”です。

ピアスホールが完成する前に無理にピアスを付け替えると、傷ついて化膿してしてしまう恐れがあります。

ファーストピアスの最短期間は約1ヶ月

ファーストピアスを外すまでの最短期間は、約1ヶ月だと言われています。病院でピアスを開けた際にも、「ファーストピアスは1ヶ月はつけ続けて様子を見てください」と指示されるはずです。

実際にピアスホールが完成するまでの期間には個人差がありますが、大体は1ヶ月~3ヶ月程度が多くなっています。(筆者はピアスホールが安定するまでに約3ヶ月かかりました)

稀に3週間程度でピアスホールが安定する人もいますが、3週間程度だとピアスホールが完成しているように見えても、内側はまだ傷のような状態です。

そのためファーストピアスをつける期間として、どんなに短くても1ヶ月は確保することをおすすめします。

ファーストピアスを外すタイミングの見極め方

1ヶ月程度ファーストピアスをつけ続けたとしても、実際に外していいのかわかりにくいですよね。

そこで、ファーストピアスを外すタイミングを見極められるようなチェック項目を用意しました。

  • ピアスホール部分がくぼんでいるかどうか
  • 分泌液や出血がないかどうか
  • かゆみや赤みがないかどうか
  • ピアスをくるくる回してみても痛みがないかどうか

せっかく育てたピアスホールを傷つけないように、慎重にチェックして判断してみてください。

ピアスホール部分がくぼんでいるかどうか

ファーストピアスを外すタイミングの見極め方の1つ目は「ピアスホールがくぼんでいるかどうか」です。

ピアスホールが完成すると、穴の中心に向かって凹みができます。ファーストピアスをつけたままだと確認しにくいので、周りの人に協力してもらうのがおすすめです。

分泌液や出血がないかどうか

ファーストピアスを外すタイミングの見極め方の2つ目は「分泌液や出血が出ないかどうか」です。

ファーストピアスを開けたての頃は稀に分泌液が出ますが、1ヶ月程度経過するとほとんどなくなります。もし分泌液が出ている場合は、まだピアスホールが完成していない証です。もうしばらくファーストピアスのままで過ごしましょう。

もし出血している場合は、ピアスホールが傷ついている可能性があるので、念のため病院を受診するようにしてください。

かゆみや赤みがないかどうか

ファーストピアスを外すタイミングの見極め方の3つ目は「かゆみや赤みがないかどうか」です。

ファーストピアスを開けてすぐの頃は稀にかゆみを感じることがありますが、ピアスホールが完成する頃はほとんどかゆみを感じなくなります。

かゆみを感じる場合や赤みがある場合は、ピアスホールを清潔に保ってもうしばらくファーストピアスで様子をみましょう。

ピアスをくるくる回しても痛みがないかどうか

ファーストピアスを外すタイミングの見極め方の4つ目は「ピアスをくるくる回しても痛みがないかどうか」です。

ファーストピアスをくるくる回してみて、分泌液もなく痛みをまったく感じない場合はピアスホールが完成しているといえます。

実は、ピアスホールが完成していない状況でもピアスはくるくる回せます。ピアスホールが完成していないときにピアスを回すと、以下のような現象が起こります。

  • 赤みが出る
  • 分泌液が出る
  • かゆみが出る

ピアスホールが完成していない状態でピアスを回すと、分泌液によってスルスル回せる感覚があります。一方でピアスホールが完成しているときは、穴が乾いた状態でくるくる回ります。

ファーストピアスの期間中は清潔を保とう

ファーストピアスの期間中は、化膿を防ぐためにピアスホールを清潔に保つ必要があります。

ピアスホールの清潔を保つには、毎日の入浴の際にピアスホール周辺を優しく洗う方法がおすすめです。

ピアスホールに消毒液を使うかどうかは病院によって見解が分かれるので、消毒液を使いたい場合はお近くの病院あるいはピアスを開けた病院にて相談してみてください。

ファーストピアスの期間に関するQ&A

ここでは、ファーストピアスの期間に関する主な疑問に答えます。

ファーストピアスを外す時期はいつ?

ファーストピアスを外すのはピアスホールが完成してから外します。

外すタイミングは1ヶ月~3ヶ月程度です。

ファーストピアスを動かす時期はいつ?

ピアスを開けてすぐの頃は、なるべく動かず触らずに過ごすことが重要です。ピアスを開けて1週間程度はなるべく触らずに清潔に保つように意識しましょう。1週間程度経ったタイミングで、ピアスを1~2回ほど前後に動かしたり、軸を1回転させてみてください。

あくまでもピアスホールを傷つけないように、慎重に行いましょう。

ファーストピアスは一瞬外しても大丈夫?

ファーストピアスはピアスホールが完成するまで外さないでください

ピアスを開けてすぐの頃は、穴の内側は傷がある状態です。ピアスホールに刺激を与えないためにも、ファーストピアスはつけっぱなしにしましょう。

ファーストピアスを外さないといけない場合はどうしたらいい?

基本的にファーストピアスはピアスホールが完成するまで外してはいけません。そのため、ファーストピアスをつけたままでも問題のない時期にピアスを開けるのがおすすめです。

どうしてもファーストピアスを外さないといけない場合は、病院で相談してみてください。

ファーストピアスの期間中に膿んだ時はどうしたらいい?

ファーストピアスの期間中にピアスホールが膿んだ場合は、穴を洗って清潔に保ち、極力触らないようにしてください。ピアスホールが膿む原因は、不用意にピアスホール周辺を触ったことによるものが多いのです。

清潔にしていても良くならない場合は、すぐに病院を受診するようにしてください

ファーストピアスを途中で変えるのはOK?

ファーストピアスは途中で変えないでください。ピアスホールに傷ができる原因になります。

またファーストピアスは通常のピアスと比べて軸が太いので、ファーストピアスは付け直しがやりにくい構造となっています。

ファーストピアスはずっと使っても大丈夫?

ピアスホールが完成してセカンドピアスに移行した後は、基本的にファーストピアスは使用しません。

ファーストピアスはピアスホールを育てるためにあるため、軸が太くなっており軸の先も尖っています。

セカンドピアスに移行したあとはピアスホールが徐々に狭まり、通常のピアスが通るくらいのサイズになります。そのためセカンドピアス移行後のファーストピアスの使用はおすすめしません。

ファーストピアスの期間まとめ

ファーストピアスは、ピアスホールが完成するまでつけっぱなしにする必要があります。ピアスホールが完成するまでは大体1ヶ月~3ヶ月の期間が必要です。

ファーストピアスを外せるかどうかのタイミングは、以下のポイントを確認してみてください。

  • ピアスホール部分がくぼんでいるかどうか
  • 分泌液や出血がないかどうか
  • かゆみや赤みがないかどうか
  • ピアスをくるくる回してみても痛みがないかどうか

自分好みのピアスライフを楽しむためにも、ファーストピアスはピアスホールが完成するまでしっかりとつけ続けるようにしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる